製品規格

レディーミクストコンクリートの品質

  1. 強度,スランプ及びスランプフロー,空気量

    レディーミクストコンクリートの強度,スランプ又はスランプフロー,空気量は、荷卸し地点で次の条件を満足しなければならない。

    1. 強度

      レディーミクストコンクリートの強度は、次の規定を満足するものとする。
      a)1回の試験結果は、購入者が指定した呼び強度の強度値の85%以上とする。
      b)3回の試験結果の平均値は、購入者が指定した呼び強度の強度値以上とする。
      強度試験における供試体は、標準養生(20℃±2℃ 水中養生)とし、その材齢は28日を原則とする。なお、呼び強度値はN/mm3で表した値。

    2. スランプ又はスランプフロー

      スランプ又はスランプフローは、表-1及び表-2のとおりとする。

      表-1 スランプ 単位㎝

      スランプ スランプの許容差
      2.5 ±1.0
      5及び6.5 ±1.5
      8以上18以下 ±2.5
      21 ±1.5
      21及び23 ±2.0

      表-2 ランプフロー 単位㎝

      スランプフロー スランプフローの許容差
      50 ±7.5
      55及び60 ±10.0
      65 +5.0 ,-10.0

      ※ 強度27以上で高性能AE減水剤を使用する場合は±2.0とする。

    3. 空気量

      空気量は、表-3のとおりとする。

      表-3 空気量 単位 %

      コンクリートの種類 空気量 空気量の許容差
      普通コンクリート 4.5 ±1.5
      舗装コンクリート 4.5
      高強度コンクリート 4.5
      軽量コンクリート 5.0
  2. 塩化物含有量

    レディーミクストコンクリートの塩化物含有量は、荷卸し地点で、塩化物イオン(Cl-)量として0.30kg/m3以下でなければならない。ただし顧客の承認を受けた場合には、0.60kg/m3以下とする事が出来る。又、これらと異なる値を定めた場合は、その値以下として0.60kg/m3を超えない事とする。

  3. コンクリート温度

    レディーミクストコンクリートの温度は、荷卸し地点で5~35℃とする。

  4. 購入者が当工場と協議のうえ、指定した事項の検査は、受渡当事者間の協議によって行い、当工場はその値を満足しなければならない。

  5. 容積

    レディーミクストコンクリートの容積は、荷卸し地点で、「レディーミクストコンクリート納入書」に記載した容積を下回ってはならない。

検査方法・製品の種類

  1. 検査項目

    検査は、強度,スランプ又はスランプフロー,空気量及びコンクリート温度,塩化物含有量について行う。

    1. 強度

      強度頻度は、普通コンクリート、軽量コンクリート及び舗装コンクリートにあっては150m3について1回を、高強度コンクリートにあたっては、100m3について1回を、それぞれ標準とする。
      1回の試験結果は、任意の1運搬車から採取した試料で作った3個の供試体の試験値の平均値で表す。

    2. スランプ又はスランプフロー,空気量及びコンクリート温度

      スランプ又はスランプフロー,空気量及びコンクリート温度は、供試体採取時(原則150m3に3回)に試験を行い、【レディーミクスコンクリートの品質、スランプ又はスランプフロー】,【レディーミクスコンクリートの品質、空気量】,【レディーミクスコンクリートの品質、コンクリート温度】の規定に適合すれば合格とする。スランプ又はスランプフロー及び空気量の試験でスランプ又はスランプフロー及び空気量の一方または両方が許容の範囲を外れた場合には、新しく試料を採取して1回に限り試験を行い、その結果が【レディーミクスコンクリートの品質、スランプ又はスランプフロー】スランプ又はスランプフロー及び【レディーミクスコンクリートの品質、空気量】の規定に、それぞれ適合すれば合格とする。

    3. 製品の種類

      レディーミクストコンクリートの種類は、普通コンクリート,軽量コンクリ-ト及び舗装コンクリートに区分し、粗骨材の最大寸法,スランプ又はスランプフロー及び呼び強度を組み合わせた表-4に示す○印とする。
      (高強度については、表-5に示す。)

      表-4 レディーミクストコンクリートの種類(JISA5308)

      コンクリート
      の種類
      粗骨材の
      最大寸法
      (mm)
      スランプ
      (cm)
      呼び強度
      18 21 24 27 30 33 36 40 42 45 曲げ
      4.5
      普通
      コンクリート
      25 8, 10, 12, 15, 18
      21
      40 5, 8, 10, 12, 15
      軽量
      コンクリート
      15 8, 10, 12, 15, 18, 21
      舗装
      コンクリート
      25, 40 2.5, 6.5

      表-5 大臣認定による高強度コンクリートの種類(建築基準法第37条)

      コンクリート種類 スランプ又は
      スランプフロー
      (cm)
      設計基準強度
      (N/mm)
      39 42 45 48 51 54 57 60
      高強度コンクリート 21
      23
      50
      55
      60
      65

      ※ ●印が付してある場合はJIS規格抹消扱いとなります。

    4. 製品の呼び方

      レディーミクストコンクリートの呼び方は、コンクリートの種類による記号,呼び強度・スランプ・粗骨材の最大寸法による記号及び、セメントの種類による記号による。
      gurafu2
      なお、レディーミクストコンクリートの呼び方に用いる記号は、表6~8による。

      表-6 コンクリートの種類による記号

      コンクリートの種類 粗骨材 細骨材 記号
      普通コンクリート 陸砂利 陸砂 普通
      軽量コンクリート 人工軽量粗骨材 陸砂 軽量1種
      人工軽量粗骨材 人工軽量粗骨材または人工軽量粗骨材に一部陸砂を混入したもの 軽量2種
      舗装コンクリート 陸砂利 陸砂 舗装
      高強度コンクリート 陸砂利 陸砂 高強度

      表-7 粗骨材の最大寸法

      粗骨材の最大寸法 mm 記号
      15 15
      25 25
      40 40

      表-8 セメントの種類による記号

      種類 記号
      普通ポルトランドセメント N
      早強ポルトランドセメント H
      高炉セメントB種 BB

出荷管理系統図(納入打ち合わせ)

  1. 運搬

    1. レディーミクストコンクリートの運搬には、トラックアジテータを用いる。
    2. 運搬時間は、練混ぜを開始してから1.5時間以内に荷卸しが完了するように運搬する。ただし、購入者と協議のうえ、運搬時間の限度を変更することができる。
    3. コンクリートの納入が円滑に進行するよう、打設時間,打設ピッチ,打設方法及び数量などの打合せを事前に行い、当日の配車管理を行う。
  2. 現場納入までの工程

    納入現場までの経路等は、事前に打合せを行い、納入までの工程は下記の要領で行う。
    出荷管理系統図